ちんこ増大完全ガイド!ちんこをでかくする方法を徹底解説!

突然ですが、質問です。

あなたは自分の息子さんのサイズについて満足していますか?

つまり、あなたのちんこの大きさには満足していますか?

満足している・おおむね満足している・十分でかい・大きすぎて困っている、という方は、今すぐブラウザバックでお願い致します(全力で嫉妬しながら)。

この記事は少しでもちんこを大きくしたい、あるいはペニスを増大させたい人向けの記事です。

とにかく、この記事ではひたすら、ちんこをでかくする方法について扱っていきます。

増大サプリにも触れては行きますが、その他様々な方法を検討していきます。

 

ビッグちんこになる方法

まず、そもそもビッグちんこになる、ちんこを大きくする方法には、どのようなものがあるか考えてみましょう。

これについて考えてみたところ、どうやらいくつかの方法があるようだ、ということがわかってきました。

小学生くらいの時はそこまで気にならなかったものの、中学生くらいになるとやはり気になってくるものですし、なんとなく「おいおい成長が止まっているんじゃないか」と思うこともあるでしょう。

高校生くらいになるともう、完全に大きさの成長が終わってしまいますので、わずかな希望が絶望に変わったという人もいるかもしれません。
なんとなくペニスが小さければ、それだけ遠慮しなければならないような気もしますし、実際に銭湯なんかでフランクフルトばりの巨根を持つ方が隣に来ると、そそくさと逃げ出してしまいたくなるようなこともあるのではないでしょうか。

いやまあ、逃げ出さないまでも、なんとなくこう、タオルを股間にかけたりして、肩身の狭い思いをしている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

いつまでもそんな生活をしているわけにも行きません。

ここはひとつ、ビックちんこになる方法について一緒に模索していきましょう。

今回色々と検証してみたところ、今すぐにやることが出来て、比較的安全性の高い方法としては下記の3つがあることがわかりました。

チントレに勤しむ

まず、1つ目の方法としてはチントレに勤しむという方法です。

と言ってもチントレの方向性を間違えてはいけません。

正しいチントレは、ペニスの根本から先端に向かって、まるで牛の乳搾りのようにしごいていく、という方法です。ちなみに摩擦で痛くならないように、専用のローションやクリームもあります。

間違っても、火の中の栗を拾うよう修行のように、焚き火の中にちんこを突っ込んではいけませんし、滝行などと言ってとんでもない水圧の水をチンコに当て続けるのもかわいそうです。というかケガします。

ごくまれに思考回路をこじらせた方になると、なんとかチンコだけでも超サイヤ人にできないかと言って陰毛をハイブリーチで染めあげる人もいますが、これもお勧めできません。(陰毛が溶けます)

結局チントレというのはペニスの組織を伸ばし、そして、その伸びた組織にきちんと血液が流入することによって、初めて成立するのです。

つまりペニスの組織を伸ばすこと、そして、きちんとそこに血液が流入するような状態に持っていくこと、というのがゴール、というわけです。

「何いきなりインテリぶったこと言ってるんだお前」

と言われる向きもあるかもしれませんが、実際そうなんだから仕方がない。

とにかく、このゴールに向かって日々マッサージオイルやクリームなどを使って、牛の乳搾りよろしく、ちんこを根元から先の方に向かってしごいていく方法に勤しむというのは、ビッグちんこになる方法の1つであることがわかりました。

ペニス増大器具を使ってみる

そして、続いて検討したい方法がペニス増大器具を使ってみるという方法です。

ぺニス増大器具に関してはまた、別の折に詳しく触れるとして、これはどういったものかと言うとですね。

これは読んで字の如し、ペニスに大リーガー養成ギブスみたいなものをつけて、ひたすら伸ばすというのが一般的な方法になります。

これもチントレとほとんど原理は一緒で、それらの行為を機械が勝手にやってくれるというようなものです。

ちなみに、大リーガー養成ギブス作戦以外の方法になると水圧を使って、というより水圧をかけることによって、ちんこを突っ込んでいるペニス増大器具の中を真空状態にして、まるで吸い玉のようにペニスに刺激を与えて大きくするという方法もあります。

もう聞いているだけで痛いのですが、実際にやってみるとそこまで痛くもないという話で、この辺りについては、また。

ひたすら祈る

後はもう、ただただ全宇宙の意思に「なんとかちんこを大きくしてください。」

と五体投地しながら祈り続けるという方法くらいしか考えられません。

そして、そのうち全宇宙の意思とつながるためのお茶とか瞑想の方法だとかを求めて街をさまようようになり、気づいたらとある地方都市にあるマンションの1室に設置されている祭壇に珍妙な雄叫びをあげて祈りを捧げているようになっているかもしれません。
そして、突然の来客に手を合わせながら「ご入信ですか?」なんて声をかけたくらいにして、まあ、そこまで行くと完全に別の何かとリンクしちゃってるんで、これはダメですね。

あ、すみません。
さすがに五体投地うんぬんのくだりに関しては嘘です。たぶんそれではちんこは大きくなってくれません。

とはいうものの、実際のところこの祈るというのも、全く効果がないかと言うとそうでもないらしいです。

絶えずちんこが大きくなることを意識して行動しているとペニスの方に意識が向いて、そこに血流が集まったりして結果的に僅かながらも大きくなることがある、という話を聞いたことがあります。

これに関してはスーパー銭湯で以前ものすごい重厚感溢れるちんこを持ったおっさんが脱衣所で腰掛けながら全裸で解説していたので、それなりに根拠のある話として認識しています。

勃起薬を使う

ちんこを大きくするというところ「だけ」を考えるのであれば、もっというと後先を考えないのであれば、リーサルウェポンがあります。

つまり勃起薬です。

バイアグラにシアリスにレビトラに、その他カマグラなんていうのもありますが、とにかく、この勃起薬を使うことで我々人類のちんこは非常に力を得て、まるでほうれん草の缶詰を平らげたポパイのように雄々しくそそり勃ってくれます。

ただし、ご存知の通りこれについては、そもそも本当に正規のルートで手に入った勃起薬かどうかも判断材料に入れなければなりませんし、まかり間違って変な混ぜモノのしてあるものを使ってしまうと、取り返しのつかない事になってしまう可能性も考えなければならないでしょう。

よしんば性器もとい正規の勃起薬を使うことができたとしても、結局これは一時的な効果しかありませんし、身体が本来持っている「ちんこを大きくするという部分に関するメカニズム」を全てぶっ飛ばして脳にガンガンケミカルに作用して大きくするような感じですので、体にいいかどうかと言われれば、まあ疑問です。

ゲームで言えば、耐えずプロアクション○プレイを突っ込んでいる様な感じなので、たぶんどこかでパラメータがおかしくなるはずです。

ちなみに、僕は怖いので、絶対勃起薬は使えません。
使ったこともありません。
勃起薬童貞です。

つまり、こういう内服するものを使っても良いのですが、きちんと身体にこう、何て言うんでしょうね、普通に作用して、順序を踏んだ上で大きくなってくれるようなものがあれば、それが良いのです。

・・・が、そんな都合のよいものはこの世に存在するのでしょうか。

実はあったりします。

僕も使っています。

それがビッグちんこになる方法の真打たる存在である、ペニス増大サプリメントです。

ビッグちんこになる方法の真打、ペニス増大サプリ

もはや僕の中ではビッグちんこといえばぺニス増大サプリ、ペニス増大サプリといえばビッグなちんこ、あるいはフランクフルト並み大きさのペニス、くらいにしか思っていないのですが、ペニス増大サプリというサプリメントがあります。

サプリメントなので、区分は健康食品で、入っているものも変な薬などは一切入っていません。

とはいうもののさすがに口に入るものですし、効果のある場所が場所だけにもう少し詳しく話を聞いてみないことには眉唾100%であることには間違いありません。

そこでもう少し、ペニス増大サプリとはどういうものかについてご紹介していきます。

ペニス増大サプリとはナニモノか?

ペニス増大サプリというのは基本的に、健康食品です
しかし、人間「食」が全ての源とはよく言ったもので、身体の中にきちんと栄養素が入っていかないとそして、それらが全て吸収されないとエネルギーが発生しません。

そして、身体のあらゆる活動は全てこれらの栄養がもとになっています。

つまりペニスを勃起させる、あるいはちんこを大きくするというのも、紐解いていくと最終的には栄養素がないときちんと機能しないということになるわけです。

具体的にどういうものが入っているかと言いますと、ペニス増大サプリには基本的に、アルギニンとシトルリンというアミノ酸が含まれています。

このアルギニンは精子の材料にもなったりしますし、シトルリンについても、体の中で吸収される時に一酸化窒素というものを発生させます。

これが大事です。

この一酸化窒素が身体に十分に蓄えられている状態だと血流が増進します。

血流が増進するということは体のあらゆるところに血が行き届くことになり、すなわち、ちんこの先にも血流が届く、というわけです。

ここで少し思い出していただきたいのが先ほどの内容。

ちんこを大きくするためにシコシコとチントレをしている時に、少しでも組織を伸ばして少しでも血流がそこに入るように、と頑張っていたことを覚えていらっしゃいますでしょうか。

要するにペニス増大サプリは、これらのステップを身体の中で、というより身体の機能として自然にやってもらうことができる、というわけです。

血流が増えればそれだけ水風船に水圧高く水を入れ続けているのと一緒で、どんどんとちんこは大きくなっていきます。

これがペニス増大サプリの基本的な動き方になります。

ちなみに、アルギニンとシトルリンについては、その辺で売っているスポーツドリンクなどにもわずかながら入っていますし、新鮮な鶏肉やエビ、牡蠣などにも豊富に入っていますので、何も怪しいものではありません。

いわゆる、精のつく食べ物を大量に食べているのと同じです。

ちなみに、ペニス増大サプリにはこれらのアミノ酸成分にプラスして様々な成分が入っていることがあります。

商品によってそのラインナップは当然変わってきますが、中にはトンカットアリやムイラプアマ、マカ、クラチャイダムなどの精力剤に含まれている成分もふんだんに配合されたものもあります。

サソリにすっぽん、馬の心臓エキスまで、ギンギンになっちゃうようなものまで配合されているものもありますよ。

ヴォルスタービヨンド

で、数あるペニス増大サプリの中でも個人的にイチオシなのがこれ。

このヴォルスタービヨンドというペニス増大サプリです。

このヴォルスタービヨンドは現在ものすごく売れていて、もし現時点で売り切れだったら申し訳ないです。

自分自身で飲んでみて効果が分かったので、おすすめしている次第です。

これに関してはね、もう明らかに違いましたね。

なんせまず、デカい。

あ、すみません。

今は私のでかくなったチンコの話はしていません。

ヴォルスタービヨンドのサプリメント自体がでかいのです。

これは調べてみたところ、他のペニス増大サプリよりも成分を詰め込みすぎているからでかくなっちゃったそうです。

こいつぁなんとなく、縁起がいいですね。

さらに、通常こういったペニス増大サプリには入っていない特許成分のジオパワーというものが入っていて、このジオパワーは何なのかと言うと、とどのつまり山芋から抽出した精のつく部分の集合体のようでした。

濃縮した山芋を食ってる感じですね。

その他女性を惹きつける男性フェロモンを出してくれるというトンカットアリに、サメの軟骨、すっぽん、そして、亜鉛などなど体にいいものがめちゃめちゃ含有されているというのも、特徴です。

ここまで入っていたらほとんど役満ですし、まぁ返金保証もあるというので、飲んでみたわけです。

これがもう大当たりで、飲んで2ヶ月目くらいで腹にくっつくんじゃないかというくらい大きく成長してくれました。

さすがにいきなり20cm以上でペニスのK点超え!!とかはないのですが、体感的にはもう明らかに違います。

海外の増大サプリは危ない?

こういうペニス増大サプリを調べていくと、やはり何事も洋モノはいいものだグヘヘヘヘ。

いうことで、洋モノ、じゃなかった海外のペニス増大サプリはどうなのか?という疑問に行き着く方もいらっしゃるはず。僕もそうでした。

で、結論から言うと、海外の増大サプリは危ないです。

いやこんな乱暴な書き方をしちゃうこと自体が危ないのですが、実際問題海外の増大サプリはそもそも日本人にフィットするような成分配合じゃないこともありますし、向こうの人は体もちんこも両方大きいので、成分の含有量もかなり日本人にとって多過ぎるケースが多いようです。

事実、ものによっては興奮剤としてカフェインが400mgとか入っていることがあり、人によってはカフェイン400ミリもいきなりとったらぶっ倒れるだろう、常識的に考えて、ということで、あまりこういうことがあるので、お勧めできません。

※カフェイン400mgはレッ○ブルの一番大きい缶で約4本分です。

さらに、日本の薬事法の関係で、海外のサプリの中に1つでも日本未認可の成分が入っている場合は、全体的に成分の公開が禁止されているということもあるそうなので、ペニス増大サプリで闇鍋みたいなことをしたくなければ、基本的には、日本人向けにカスタマイズされた、日本国内で製造された増大サプリを飲むのがおすすめです。

まとめ

ビッグちんこは1日にして成らず。

とにかく、様々な方法を先人たちは編み出してきたものです。
チントレしかりぺニス増大サプリしかり、様々ありますが、個人的に1番効果があったのはペニス増大サプリです。

ちんこは1日にして成らず、ということは出来る限り早い段階からもう、ビックちんこへの道を歩み始めなければならない、というわけです。

色々遠回りをしてきた身から言わせればまず、手っ取り早くペニス増大サプリを飲むところからスタートすべきです。そしてまず「お、何か違うぞ」という感動を味わうところから始めるべきです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*