宇治市 源氏物語ミュージアム TOP サイトマップ
  THE TALE OF GENJI Museum  
 
ミュージアム情報 展示案内 利用案内 アクセス 源氏物語と宇治 もっと源氏物語 ミュージアムCM 蔵書検索 源氏物語千年紀
 
 
ミュージアム情報
 
 
  全3件  1件目 から 3件目を表示中  
 
 最初   前   [  1  ]   次   最後 
 
源氏 DE 落語 落語と小倉百人一首 2017,02,15, Wednesday

小倉百人一首でも有名な崇徳院の和歌「瀬をはやみ」をネタにした上方の古典落語の人気演目「崇徳院」の実演と解説、対談を行います。

開催日時…平成29年3月19日(日)14:00〜15:30(受付は13:30〜)

出演…中川桂さん(二松学舎大学准教授)、林家染左さん(落語家)

定員…80名(応募多数の場合は抽選)

参加費…500円

申込方法…往復はがきに「落語」・氏名(ふりがな)・住所・電話番号を、返信用の表にも氏名・住所を書き、3月7日(火)まで(必着)に、源氏物語ミュージアムへ。はがき1枚に1人まで。持参の場合、返信用はがきのみで可。

会場…源氏物語ミュージアム講座室

| ミュージアム情報 | 講座案内 |
〈平成28年度連続講座〉橋をめぐる物語―宇治橋・かけ橋・夢浮橋―
架橋する浮舟
2017,02,01, Wednesday

今年度の連続講座は「宇治橋」をテーマに、「宇治十帖」を生み、育んだ宇治の歴史と文化、風土について、理解を深めてきました。
最終回の第10回は浮舟についてです。『源氏物語』宇治十帖では、宇治川の二つの岸が対比的に描かれます。八の宮一家がひっそりと住む超俗の都側と、貴族の別業が立ち並ぶ世俗の対岸です。薫が愛した大君は、おそらく生涯宇治川を渡ることがありませんでした。しかし浮舟は、匂宮と共に対岸に渡ります。二つの世界をつなぐ浮舟の意味について考えます。

開催日 3月10日(金)
講師 山本淳子さん(京都学園大学教授)
時間 午後2時〜3時30分(受付は1時30分から)
募集人数 80名(多数の場合は抽選〉
参加費 500円 ※講座受講当日に限り、展示室を無料でご観覧いただけます。
応募方法 往復はがきに「連続講座 第10回」、住所、氏名(ふりがな)、電話番号を記入。
締切日必着で源氏物語ミュージアムへ。持参で申し込む場合は、返信用ハガキだけで可。
       ※1枚のハガキにつき1講座1人まで。返信用ハガキにも必ず第10回とご記入ください。
応募締切 2月28日(火)
| ミュージアム情報 | 講座案内 |
〈平成28年度連続講座〉橋をめぐる物語―宇治橋・かけ橋・夢浮橋―
御殿女中の夢の架け橋−『偐紫田舎源氏』の世界−
2017,01,01, Sunday

今年度の連続講座は「宇治橋」をテーマに、毎月1回ずつ10人の講師が講演します。「宇治十帖」を生み、育んだ宇治の歴史と文化、風土について、宇治橋を通して、理解を深めたいと思います。
第9回は『偐紫田舎源氏』についてです。江戸時代後期に大ヒットした合巻がありました。柳亭種彦作・歌川国貞画『偐紫田舎源氏』です。『源氏物語』を当世風に〈やつし〉たもので、文政12年(1829)から天保13年(1842)まで、38編152冊が出版されました。読者の中心は、将軍・大名などの奥に仕える高級女中に付く女性たち。なぜ、彼女たちは魅了されたのか。それについて考えることが課題です。
連続講座は、5月〜3月(除く10月)毎月1回開催します。

開催日 2月16日(木)
講師 岸文和さん(同志社大学教授)
時間 午後2時〜3時30分(受付は1時30分から)
募集人数 80名(多数の場合は抽選〉
参加費 500円 ※講座受講当日に限り、展示室を無料でご観覧いただけます。
応募方法 往復はがきに「連続講座 第9回」、住所、氏名(ふりがな)、電話番号を記入。
締切日必着で源氏物語ミュージアムへ。持参で申し込む場合は、返信用ハガキだけで可。
       ※1枚のハガキにつき1講座1人まで。返信用ハガキにも必ず第9回とご記入ください。
応募締切 1月31日(火)
| ミュージアム情報 | 講座案内 |
カテゴリー別 一覧
    ・ミュージアムだより
    ・講座案内
    ・講座スケジュール
    ・企画展案内
    ・企画展スケジュール
    ・源氏花だより
    ・開館スケジュール
    ・源氏花だより(バックナンバー)
    ・図書室 おすすめ本
    ・お知らせ
    ・刊行物のご案内