宇治市 源氏物語ミュージアム TOP サイトマップ
  THE TALE OF GENJI Museum  
 
ミュージアム情報 展示案内 利用案内 アクセス 源氏物語と宇治 もっと源氏物語 ミュージアムCM 蔵書検索 源氏物語千年紀
 
 
ミュージアム情報
 
 
  全12件  1件目 から 10件目を表示中  
 
 最初   前   [  1  |  2  ]      最後 
 
源氏 DE 落語 落語と小倉百人一首 2017,02,15, Wednesday

小倉百人一首でも有名な崇徳院の和歌「瀬をはやみ」をネタにした上方の古典落語の人気演目「崇徳院」の実演と解説、対談を行います。

開催日時…平成29年3月19日(日)14:00〜15:30(受付は13:30〜)

出演…中川桂さん(二松学舎大学准教授)、林家染左さん(落語家)

定員…80名(応募多数の場合は抽選)

参加費…500円

申込方法…往復はがきに「落語」・氏名(ふりがな)・住所・電話番号を、返信用の表にも氏名・住所を書き、3月7日(火)まで(必着)に、源氏物語ミュージアムへ。はがき1枚に1人まで。持参の場合、返信用はがきのみで可。

会場…源氏物語ミュージアム講座室

| ミュージアム情報 | 講座案内 |
地方創生応援税制(企業版ふるさと納税)を活用した寄附の募集について 2017,02,01, Wednesday

地方創生応援税制(企業版ふるさと納税)とは…

国は、全国各地の地方創生の取り組みをさらに加速化させるため、地方公共団体が行う地方創生に関する事業に対して、民間企業の皆様から積極的な寄附を行っていただけるよう、「地方創生応援税制(企業版ふるさと納税)」制度を平成28年4月に創生しました。

この制度により、地方公共団体が行う地方創生のプロジェクトに対して、企業の皆様が寄附を行った場合に、税額控除の措置を受けることができます。

宇治市では、この制度を活用して企業の皆様から寄附を募り、共感していただける事業を検討し、平成27年12月に策定した「宇治市まち・ひと・しごと創生総合戦略」に掲げる取り組みを積極的に推進したいと考えております。

詳しくは、内閣府地方創生推進事務局ホームページおよび宇治市ホームページをご参照ください。地方創生に向けた取り組みにご賛同いただき、寄附をご検討いただける企業の皆様からの連絡をお待ちしております。

【お問合せ先】
〒611−8501 京都府宇治市宇治琵琶33
宇治市役所 行政経営課
Tel 0774−21−1584  Fax 0774−20−8778
Eメール gyoseikeieika@city.uji.kyoto.jp
| ミュージアム情報 | お知らせ |
企画展 江戸時代の源氏物語-見立てとやつし- 2017,02,15, Wednesday

江戸時代になると出版文化の隆盛を背景に、『源氏物語』の読者層が広がりました。人気を博した『偐紫田舎源氏』をはじめ、往来物、錦絵、双六、かるたなどを通じて、豊かな源氏文化を紹介します。

会期 2月15日(水)〜4月23日(日) ※途中展示替を行います。


関連事業
ギャラリートーク1:江戸時代の『源氏物語』の魅力について語ります。
日時:3月4日(土) 午後2時から(30分程度)
講師:吉海直人さん(同志社女子大学教授)
場所:源氏物語ミュージアム 企画展示室
申し込み:不要 (ただし、観覧料は必要です。)

ギャラリートーク2:企画展担当者が展示の見どころ等について話します。
日時:3月26日(日) 午後2時から(30分程度)
場所:源氏物語ミュージアム 企画展示室
申し込み:不要 (ただし、観覧料は必要です。)
| ミュージアム情報 | 企画展案内 |
宇治川マラソン大会による交通規制について 2017,02,01, Wednesday

第33回 宇治川マラソン大会が平成29年2月26日(日)に開催されます。
今回も大勢のランナーが参加します。
懸命に走るランナーの皆さんに温かい声援をお送りください。

なお、当日は図の通り交通規制が行われます。
ご協力をお願いします。

交通規制図について詳しくは宇治市ホームページをご覧ください。

【 交通規制の時間帯 】
源氏物語ミュージアム前道路
10:35ごろ〜11:35ごろ
| ミュージアム情報 | お知らせ |
2月・3月の開館スケジュール 2017,02,01, Wednesday


2月・3月の開館日をご案内いたします。

企画展『超絶技巧!銅版画の世界 ―描かれた京都―』を2月12日(日)まで開催しています。
銅板に直接針で線刻することで、細かい描写を可能にした銅版画。わずか数平方センチメートルのなかに描かれる京都の名所に、目を見張ります。木版画とは違う、銅版画の精巧さ、緻密さを実感してください。

また2月15日(水)からは企画展『江戸時代の源氏物語 ―見立てとやつし―』を開催します。
江戸時代になると出版文化の隆盛を背景に、『源氏物語』の読者層が広がりました。人気を博した『偐紫田舎源氏』をはじめ、往来物、錦絵、双六、かるたなどを通して、豊かな源氏文化を紹介します。

会期中、ぜひお越しください!


2月の開館スケジュール
2月
1
2 3
4
5 6
休館日
7 8
9
10
11
12
13
休館日
14
15
16
17
18
19
20
休館日
21
22
23
24
25
26
27
休館日
28

3月の開館スケジュール
3月
1
2 3
4
5 6
休館日
7 8
9
10
11
12
13
休館日
14
15
16
17
18
19
20
21
休館日
22
23
24
25
26
27
休館日
28
29 30 31


| ミュージアム情報 | 開館スケジュール |
〈平成28年度連続講座〉橋をめぐる物語―宇治橋・かけ橋・夢浮橋―
架橋する浮舟
2017,02,01, Wednesday

今年度の連続講座は「宇治橋」をテーマに、「宇治十帖」を生み、育んだ宇治の歴史と文化、風土について、理解を深めてきました。
最終回の第10回は浮舟についてです。『源氏物語』宇治十帖では、宇治川の二つの岸が対比的に描かれます。八の宮一家がひっそりと住む超俗の都側と、貴族の別業が立ち並ぶ世俗の対岸です。薫が愛した大君は、おそらく生涯宇治川を渡ることがありませんでした。しかし浮舟は、匂宮と共に対岸に渡ります。二つの世界をつなぐ浮舟の意味について考えます。

開催日 3月10日(金)
講師 山本淳子さん(京都学園大学教授)
時間 午後2時〜3時30分(受付は1時30分から)
募集人数 80名(多数の場合は抽選〉
参加費 500円 ※講座受講当日に限り、展示室を無料でご観覧いただけます。
応募方法 往復はがきに「連続講座 第10回」、住所、氏名(ふりがな)、電話番号を記入。
締切日必着で源氏物語ミュージアムへ。持参で申し込む場合は、返信用ハガキだけで可。
       ※1枚のハガキにつき1講座1人まで。返信用ハガキにも必ず第10回とご記入ください。
応募締切 2月28日(火)
| ミュージアム情報 | 講座案内 |
1月・2月の開館スケジュール 2017,01,01, Sunday


29年1月・2月の開館日をご案内いたします。

企画展『超絶技巧!銅版画の世界 −描かれた京都−』を2月12日(日)まで開催しています。
銅板に直接針で線刻することで、細かい描写を可能にした銅版画。わずか数平方センチメートルのなかに描かれる京都の名所に、目を見張ります。木版画とは違う、銅版画の精巧さ、緻密さを実感してください。

※ 臨時開館は午前10時〜午後5時(最終入館午後4時30分)


また2月15日(水)からは企画展『江戸時代の源氏物語-見立てとやつし-』を開催します。

会期中、ぜひお越しください!


29年1月の開館スケジュール
1月
1
休館日
2
臨時開館
AM10時〜
3
臨時開館
AM10時〜
4
5 6
7
8 9 10
休館日
11
12
13
14
15
16
休館日
17
18
19
20
21
22
23
休館日
24
25
26
27
28
29
30
休館日
31

29年2月の開館スケジュール
2月
1
2 3
4
5 6
休館日
7 8
9
10
11
12
13
休館日
14
15
16
17
18
19
20
休館日
21
22
23
24
25
26
27
休館日
28


| ミュージアム情報 | 開館スケジュール |
〈平成28年度連続講座〉橋をめぐる物語―宇治橋・かけ橋・夢浮橋―
御殿女中の夢の架け橋−『偐紫田舎源氏』の世界−
2017,01,01, Sunday

今年度の連続講座は「宇治橋」をテーマに、毎月1回ずつ10人の講師が講演します。「宇治十帖」を生み、育んだ宇治の歴史と文化、風土について、宇治橋を通して、理解を深めたいと思います。
第9回は『偐紫田舎源氏』についてです。江戸時代後期に大ヒットした合巻がありました。柳亭種彦作・歌川国貞画『偐紫田舎源氏』です。『源氏物語』を当世風に〈やつし〉たもので、文政12年(1829)から天保13年(1842)まで、38編152冊が出版されました。読者の中心は、将軍・大名などの奥に仕える高級女中に付く女性たち。なぜ、彼女たちは魅了されたのか。それについて考えることが課題です。
連続講座は、5月〜3月(除く10月)毎月1回開催します。

開催日 2月16日(木)
講師 岸文和さん(同志社大学教授)
時間 午後2時〜3時30分(受付は1時30分から)
募集人数 80名(多数の場合は抽選〉
参加費 500円 ※講座受講当日に限り、展示室を無料でご観覧いただけます。
応募方法 往復はがきに「連続講座 第9回」、住所、氏名(ふりがな)、電話番号を記入。
締切日必着で源氏物語ミュージアムへ。持参で申し込む場合は、返信用ハガキだけで可。
       ※1枚のハガキにつき1講座1人まで。返信用ハガキにも必ず第9回とご記入ください。
応募締切 1月31日(火)
| ミュージアム情報 | 講座案内 |
入館者200万人ありがとうございます 2016,09,01, Thursday

平成28年8月28日(日)に、当館は入館者200万人を達成しました。
200万人目の入館者となられたのは、東京都にお住まいの方でした。
当館では、入館者200万人達成を記念しまして坪庭の整備を行いました。
『源氏物語』宇治十帖は「橋姫」で始まり、「夢浮橋」で終わります。これからも当館が『源氏物語』や古典を結ぶ架け橋となることを祈念し、「橋」をテーマとしております。
ご来館の際は、新しくなった坪庭もお楽しみいただければ幸いです。

| ミュージアム情報 | お知らせ |
平成28年度入門講座案内 2016,04,28, Thursday
平成28年度の入門講座は、『源氏物語』宇治十帖をはじめ、宇治を題材とした文学作品、宇治にかかわる記録や歴史資料を読みつつ、宇治の歴史と文化、風土について理解を深めます。
16月22日(水)わが庵は −宇治の歴史と文学の基礎知識−
27月13日(水)都の辰巳 −風土と特徴−
39月21日(水)しかぞ住む −ゆかりの人びと−
410月12日(水)夢の憂き世の中宿 −宇治という空間−
511月9日(水)べんべんたる横流 −川と橋と舟と−
612月14日(水)世をうぢ山と −歌枕と名所−
71月11日(水)人はいふなり −物語と記憶−
82月8日(水)宇治の宝蔵 −あれもこれも宇治にあった−

◆ 時間 午前10時〜11時30分 (受付9時30分〜)
◆ 講師 家塚 智子 (当館職員)
◆ 募集人数 80名 (多数の場合は抽選)
◆ 参加費 1,000円
◆ 会場 宇治市源氏物語ミュージアム 講座室
◆ 応募方法 往復はがきに、「入門講座」、住所、氏名(ふりがな)、電話番号、返信用はがきにも、住所、氏名
を書き、宇治市源氏物語ミュージアムまで申し込みください。1枚のはがきに申し込みは1名です。
(源氏物語ミュージアムへ持参の場合は返信用はがきだけで可。)
講座受講当日に限り、展示室を無料でご観覧いただけます。
◆ 締切 5月31日(火)必着

※ 当日午前8時時点で、宇治市内に気象警報のいずれかが発令された場合は、当日の開催を中止します。
ご了承ください。



問い合わせ
宇治市源氏物語ミュージアム
 〒611-0021京都府宇治市宇治東内45-26 Tel 0774-39-9300
| ミュージアム情報 | 講座スケジュール |
カテゴリー別 一覧
    ・ミュージアムだより
    ・講座案内
    ・講座スケジュール
    ・企画展案内
    ・企画展スケジュール
    ・源氏花だより
    ・開館スケジュール
    ・源氏花だより(バックナンバー)
    ・図書室 おすすめ本
    ・お知らせ
    ・刊行物のご案内